知っていてほしいこと。



こんにちは!こたろうです*

すっかりご無沙汰しています。すみません。。



今日は9月の連休最終日ですね。先週は『敬老の日』。
今日は『秋分の日』ですね。


若いころは気にもとめていませんでしたが、年を重ねると、あれ?今日は何で休みなんだろう?と疑問に思って調べることが多くなりました。
ちなみに本日、秋分の日は“祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ日”とされいますね。


そこで!
亡き祖先に心の中で手を合わせつつ、敬老の日もかねて祖母に手紙を書きました。


私の祖母は、本当に芯が強くて博識な人で。一人暮らしでも完璧に家事をこなして、毎朝仏壇に手を合わせ、80歳を過ぎた今でも本をたくさん読むような・・・私とは正反対な人です(笑)

そんな完璧な祖母なので手紙を書くのはとても緊張しました。まず、喜んでもらえるのだろうか?と不安もあり、書き始めるまでに3日かかりました。笑

手紙を書こうと思ったのも、『年をとるとどんなに強がっていても心細くなるもんだ。迷っているなら書きなさい。』という父の一言がきっかけで、、人にてがみを書くとか何年ぶりだ???と思いつつ丁寧に心をこめて書きました。丁寧に心をこめたところで字は上手くなりませんでしたけどね(・・;)笑




結果。、。、

祖母はとても喜んでくれました!遠くに住んでおり、少ないときは年に数回しか話をしない祖母ですが、聞いた事ないようなとても嬉しそうな声で喜んでくれました。その祖母の声を聞いていると、父の言うとおり、あんなに強くて隙のなさそうな祖母も心細かったりするのかなと色々考えてしまいました。



確かに、年をとると身体がおもうように動かなかったり、食べたいものが若いころとは違って存分に食べられなかったり、、身体の衰えを感じるとどんなに強い人だって心は少し寂しくなるものですよね。


何かあるたびに、年取ったなあーと自分のことは考えるのに、祖母はいつでも自分のおばあちゃん。という視点でしか見ておらず、自分のことばかりな自分にがっかりしました(ーー:)


みなさんも今日は大切な人のこと改めて考えてみてください*




この記事へのコメント